SOUND ∞ を歩く

≫2008年07月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

グリンペンの球体 35

 翌日の午後、私とホームズはバリモアの店へ向かった。ヘンリー卿が説明した通りの場所に「バスカビル・アームズ」の看板が出ている建物があった。看板は緑色の地に黒色で上品な印象を受けた。
「いかにもバリモアらしいじゃないか。」
 ホームズは看板を見上げてステッキで指した。店の中に入ると、カウンターの内側にいた男が一瞬驚いた表情を見せた。

シャーロック・ホームズの冒険 完全版 Vol.19シャーロック・ホームズの冒険 完全版 Vol.19
(2004/12/21)
ジェレミー・ブレット

商品詳細を見る
スポンサーサイト

グリンペンの球体 34

「すごい、どうしてわかったんです?」
 ヘンリー卿は少し驚いた様子だった。私は横から口を挟むように言った。
「実は、前に私がここに滞在した時に、ホームズに手紙で知らせたんですよ。」
「なるほど、それでわかりました。ホームズさんには霊感でもあるのかと思いましたよ。」
 ホームズは煙草の煙を目で追いながら頬だけで一瞬笑った。

シャーロック・ホームズの生還 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)シャーロック・ホームズの生還 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)
(2006/10/12)
アーサー・コナン・ドイル

商品詳細を見る

グリンペンの球体 33

「いや…」
 そう言うと、ホームズはそれきりファルコンへの興味を失ったようだった。私は、ホームズがマスグレーヴの事件の執事のことを思い出したのではないかと思った。
 執事のファルコンがコーヒーを運んで来た時、話題はバリモアの店のことに移っていた。ホームズは煙草に火をつけながら言った。
「店の名前を当ててみましょうか。『バスカビル・アームズ』ではありませんか?」

シャーロック・ホームズ、チベットへ行くシャーロック・ホームズ、チベットへ行く
(2004/06)
ジョン・H. ワトスン

商品詳細を見る

グリンペンの球体 32

「彼は妻帯者かね?」
 ホームズは執事のファルコンに興味を覚えたようだった。
「いや、だいぶ前に奥さんを亡くしたと聞いていますよ。」
「博学かね?」
「道徳的な人物ですが、知識に関してはごく普通だと思いますが、それが何か?」

シャーロックホームズの探偵講座 【PCエンジン】シャーロックホームズの探偵講座 【PCエンジン】
(1989/11/24)
不明

商品詳細を見る

グリンペンの球体 31

 私はヘンリー卿にバリモアの店の詳しい場所を聞いて手帳に控えた。
「ホームズ、明日にでも訪ねてみたいねえ。」
「どんな店だか興味があるね。」
 執事が皿を取り換えに来た。ヘンリー卿はここで初めて執事の名前を我々に教えた。ファルコンという名前だった。

シャーロック・ホームズの冒険[完全版]DVD-BOX 4シャーロック・ホームズの冒険[完全版]DVD-BOX 4
(2007/04/25)
ジェレミー・ブレット

商品詳細を見る

グリンペンの球体 30

「ホームズ、今回は休養に来ているのを忘れずにね。」
「ああ、もちろん。事件も飛び込んではこないだろうさ。」

 夕食を3人で食べながら、事件の後の出来事はヘンリー卿は話してくれた。
「執事だったバリモア夫妻は、グリンペンに店を開きましたよ。郵便局の近くです。」
 それを聞いてホームズは少し笑った。
「ぼくはその郵便局に何度も通いましたから、場所はだいたいわかりますよ。」

緋色の研究  シャーロック=ホームズ全集 (1)緋色の研究 シャーロック=ホームズ全集 (1)
(1984/01)
コナン=ドイル

商品詳細を見る

グリンペンの球体 29

 2人の部屋は2階の奥にあった。私は以前ここに滞在した時と同じ部屋だった。ヘンリー卿の配慮を感じた。慣れた部屋は有り難かった。
 ホームズの部屋は私の向かい側だった。
「前にダートムアに来た時は、ほとんどほら穴にいたから、1日目からこんな部屋に通されるとは有り難いね。」

四つの署名 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)四つの署名 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)
(2007/01/11)
アーサー・コナン・ドイル

商品詳細を見る

グリンペンの球体 28

 4輪馬車は夕暮れの林をぬけてバスカビルの館へと向かった。
 バスカビルの館は以前と変わらずに荘厳な姿を保っていた。庭の手入れも行き届いているようだ。
 玄関で出迎えた執事はバリモアではなかった。あごひげがなく、バリモアよりも背の低い温厚そうなごく普通の人物だった。眼鏡をしているのが唯一の特徴だと思った。
「お部屋へご案内いたします。」

シャーロック・ホームズの回想 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)シャーロック・ホームズの回想 新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)
(2006/04/12)
アーサー・コナン・ドイル

商品詳細を見る

グリンペンの球体 27

 ダートムアの駅の前には、ヘンリー・バスカビル卿が4輪馬車で出迎えに来ていた。
「ホームズさん! ワトスン先生!」
 ヘンリー卿は、駆け寄って我々と固い握手を交わした。
「お二人とも、あの事件の時にはお世話になりました。」
 私は、ヘンリー卿の健康そうな顔色を見て安心して言葉を返した。
「ヘンリー卿も元気そうで何よりです。あれは大変な事件でしたからな。」

シャーロック・ホームズの冒険―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)シャーロック・ホームズの冒険―新訳シャーロック・ホームズ全集 (光文社文庫)
(2006/01)
アーサー・コナン ドイルArthur Conan Doyle

商品詳細を見る

グリンペンの球体 26

 ホームズの言う通り、すぐに3本の大木が視界に入ってきた。「君の記憶は確かなものだな」と言おうとしたが、ホームズは目を閉じて眠っているようだった。私はこの話題は次の機会にとっておくことにした。
 汽車は夕方前には予定通りにダートムアに到着した。

シャーロック・ホームズ全集―まんが (第6巻)シャーロック・ホームズ全集―まんが (第6巻)
(1997/10)
アーサー・コナン・ドイル小林 たつよし

商品詳細を見る

グリンペンの球体 25

 私は、窓の外の変化のない風景を眺めた。
「ああ、広大な草原や遠くに見える森を見ていると、都会から離れたことを実感するね。」
「僕は、バスカビル家の事件の時、何度も往復したから懐かしさを感じるねえ。もうすぐ大木が3本見えてくるよ。」

短篇集 シャーロック・ホームズのSF大冒険(下) (河出文庫)短篇集 シャーロック・ホームズのSF大冒険(下) (河出文庫)
(2006/09/05)
マイク・レズニック

商品詳細を見る

グリンペンの球体 24

 翌日の昼過ぎ、私とホームズはダートムア行きの汽車の中にいた。私は、ハドソン婦人が作ってくれたサンドウィッチをまだ食べ続けていた。ホームズはもう食べ終わり、窓の外に広がる景色を静かに眺めている。
「ワトスン君、この景色を見て何を感じるかね?」

緋色の研究 (新潮文庫)緋色の研究 (新潮文庫)
(1953/05)
コナン・ドイル延原 謙

商品詳細を見る

グリンペンの球体 23

 ホームズは、パイプに火をつけた。私の書きかけの原稿を少しの間ながめた後、窓の外のベーカー街に視線を移して、多少元気な声で呟いた。
「今日、この薬の副作用についてわかってよかった。事件の解決の最中だったら致命的な失敗を起こしかねないからね。」

シャーロック・ホームズの栄冠 (論創海外ミステリ 61)シャーロック・ホームズの栄冠 (論創海外ミステリ 61)
(2007/01)
北原 尚彦A.A. Milne

商品詳細を見る

グリンペンの球体 22

「ホームズ、いつも私が言っているように、コカインなどは論外だ。君に何も与えてはくれないよ。それと今回の薬は全く別の話だよ。あの薬は不眠症に悩んでいる患者を確実に救っている。」
 ホームズは、頬だけで一瞬だけ笑った。私は言葉を続けた。
「しかし、飲むタイミングには注意が必要だね。」
「たしかに深い睡眠を得られるのは有り難いが、記憶が欠落することで困ったことが起きる可能性があるな。」

シャーロック・ホームズ、チベットへ行くシャーロック・ホームズ、チベットへ行く
(2004/06)
ジョン・H. ワトスン

商品詳細を見る

グリンペンの球体 21

「今話してもらっても、僕の記憶に残っていない。だが、論理的に考えて昨夜の僕の行動は今の内容に違いないだろう。」
「ホームズ、君にとって大切な記憶を失うというのは危険な薬と言わざるを得ないな。」
「コカインよりもかい?」

シャーロック・ホームズ対オカルト怪人―あるいは「哲学者の輪」事件 (河出文庫)シャーロック・ホームズ対オカルト怪人―あるいは「哲学者の輪」事件 (河出文庫)
(1996/01)
ジョン・H. ワトスン

商品詳細を見る

グリンペンの球体 20

「ワトスン君、僕が失った記憶を整理して話してくれないか。」
「君が寝室に入り、本を読み、その後寝室から出てきて私の原稿を見て題名の感想を言った。そして、事件の起きる確率の話をした。その後薬を飲んだ。それから、寝室に戻りバイオリンを弾いた。その後は、物音一つしなかったから君は眠ったのだと思うね。」 

シャーロック・ホームズ ワトスンの災厄シャーロック・ホームズ ワトスンの災厄
(2003/10)
アン ペリー

商品詳細を見る

グリンペンの球体 19

「実際、君は昨夜の記憶を無くしている。錠剤を飲んだ前後の記憶だ。」
「薬を飲む前の記憶も無くなるのかい。」
「薬は効果も副作用も個人差が大きいんだよ。薬を飲んだ前後合計2時間の記憶が消えているのが現実だ。次に飲んだ時も同じことが起きるとは限らないが、劇的に違う症状になることも考えられないね。」
 ホームズは暖炉の前の椅子に腰を下ろし、手を合わせた。昨夜の記憶を辿ろうとしているのだろう。

ワトスンの選択 (海外ミステリGem Collection 14)ワトスンの選択 (海外ミステリGem Collection 14)
(2008/05)
グラディス・ミッチェル

商品詳細を見る

グリンペンの球体 18

「この薬の副作用は?」
 ホームズは錠剤を机の抽斗にしまいながら言った。私は、薬に関することを記録してあるノートを鞄の中から取り出した。ページの後半をめくっていくとホームズの呑んだ薬の名前が出てきた。
「のどの渇き、舌のもつれといった一般的なものの他に、『記憶の減退』とある。」
「記憶の減退…」

ホームズとワトスン―友情の研究 (創元推理文庫)ホームズとワトスン―友情の研究 (創元推理文庫)
(1998/10)
ジューン トムスン

商品詳細を見る

グリンペンの球体 17

「そう言えば君が寝室に戻る前に、錠剤を飲んでいたぞ。」
 ホームズは再び寝室に飛び込んで、ややしばらくして考え込むように出てきた。
「1錠減っている。僕が昨夜飲んだようだ。」
「何の薬なんだい。」
 ホームズは錠剤の残りを私に見せた。それは不眠症の患者のために最近開発された誘眠剤だった。
「ホームズ、全ての薬には必ず副作用がある。」

シャーロック・ホームズの冒険 (特別編)シャーロック・ホームズの冒険 (特別編)
(2008/06/27)
ロバート・スティーブンスコリン・ブレイクリー

商品詳細を見る

グリンペンの球体 16

 ホームズはそう言うと、手にした本を1ページずつめくっていった。
「ややっ」
 ホームズは手を止めて、獲物を見つけたように目を輝かせた。
「ワトスン君。君の言った通りのことがここに書いてある。『1件の大事件が起きている背後には、29件のちょっとした事件が…。』」
 ホームズは、本から目を離し、私の原稿に視線を移した。
「僕は、この本を読んだことも、君にこのページに書いてある内容を話したことも、君の原稿を見たことも何も覚えていない。」

シャーロックホームズ伯爵令嬢誘拐事件シャーロックホームズ伯爵令嬢誘拐事件
(1986/12/11)
FAMILY COMPUTER

商品詳細を見る

グリンペンの球体 15

「寝室に入った時に読んだのではないのかね。」
 ホームズは寝室に飛び込んだ。そして、1冊の本を手にして出てきた。
「たぶん、この本だ。」
 本の表紙には『確率の法則』と書いてある。
「ファルコンという数学者が書いた本だよ。ダートムアの旅行中に読もうと思って、ニューリバー街の本屋に行った時に買ったものだ。まだ1ページも読んでいないのだが…。」

確率的発想法~数学を日常に活かす確率的発想法~数学を日常に活かす
(2004/02/29)
小島 寛之

商品詳細を見る

グリンペンの球体 14

「ワトスン君、続けてくれたまえ。」
「君は私の原稿を見て、題名についての感想を言った。平凡だと。それから、1件の大事件の背後には29件のちょっとした事件が起きている話を始めて…」
「初めて聞く話だ。」
「ホームズ。君が話したんだぞ。少し前に読んだ本の受け売りだとも言っていた。」
「本?」

シャーロック・ホームズの冒険 2巻シャーロック・ホームズの冒険 2巻
(2001/06/25)
ジェレミー・ブレット

商品詳細を見る

グリンペンの球体 13

「ワトスン君、昨夜の夕食後の私の行動を詳しく話してくれないか。」
 私は、ホームズの昨夜の行動をできるだけ正確に思い出すことに集中した。
「夕食の後に、ブランディを楽しみながら、二人でバスカビル家の事件の思い出話をした。」
「それは覚えている。問題はその後だよ。」
「そうか。君は寝室に入り、私は自分の机に向って原稿を書き始めた。しばらくしてから君は寝室から出てきた。」
「その辺りの記憶が無いんだ。」

青いガーネットの秘密―“シャーロック・ホームズ”で語られなかった未知の宝石の正体青いガーネットの秘密―“シャーロック・ホームズ”で語られなかった未知の宝石の正体
(2007/11)
奥山 康子

商品詳細を見る

グリンペンの球体 12

「バイオリン?」
「いつもと違って、かなり調子っぱずれだったがね。」
「僕がバイオリンを…?」
 ホームズは何かを思い出そうとしてきつく目を閉じた。私は、ホームズの次の言葉を待っていた。
「僕は、昨夜の眠る前の行動を思い出すことができない。記憶が欠落している。」
「何だって?」
「夕食の後、君とブランディーを飲んだところまでは間違いなく覚えているが…。」
 ホームズは目を静かに開けた。そして、パイプに火をつけ、私を見つめた。

シャーロック・ホームズの冒険 完全版 Vol.8シャーロック・ホームズの冒険 完全版 Vol.8
(2004/12/21)
ジェレミー・ブレット

商品詳細を見る

グリンペンの球体 11

「ホームズ、それは皮肉かね。」
「僕は、何か変なことを言ったかい。」
「君は昨夜も僕のつけた題名について同じことを言ったじゃないか。」
「いや、そんなはずはない。この原稿を見たのはたった今だ。今、初めて見たよ。」
「ホームズ、君は本気で言っているのかい。君は昨夜、この題名を見て平凡過ぎると言って寝室へ入った。その後、バイオリンをしばらく弾いてからベッドに入ったのじゃなかったのかね。」

シャーロック・ホームズの帰還 (新潮文庫)シャーロック・ホームズの帰還 (新潮文庫)
(1953/04)
コナン・ドイル延原 謙

商品詳細を見る

グリンペンの球体 10

 翌日、ホームズと朝食を済ませた後に、私は旅支度を始めた。
「ワトスン君、熟睡は何にも勝る健康法だね。」
 ホームズはそう言うとソファーから立ちあがり、窓からベーカー街をながめた。次に私の机の上の書きかけの原稿を見た。
「ワトスン君、まだ始まってもいない旅を小説にするつもりかい。」
「……、ああ。」
「それにしても題名が平凡過ぎやしないかい?」

シャーロック・ホームズの冒険 完全版 Vol.2シャーロック・ホームズの冒険 完全版 Vol.2
(2004/12/21)
ジェレミー・ブレット

商品詳細を見る

 | HOME | 

プロフィール

Holmes

Author:Holmes
SOUND EIGHT の世界
♪♪♪『サウンド8』の『8』は、∞を表します。私たちの楽器から、聴く人の心に∞の響きを伝えたい、という願いから♪♪♪

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング

エア新書

あし@

エア新書

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Twitter

Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。