SOUND ∞ を歩く

≫2011年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オータム・コンサート

 地下鉄駅出口で待ち合わせ。
 雨降りのスタートだった。
 私の車にはぴよさんが、J女史の車には、う~たんさん、Nさんが乗り、会場のギャラリー朋へ向かった。

 30分ほどで到着。
 雨が上がっていた。

 オーナー夫妻が出迎えてくれた。

CIMG0959231016.jpg

 40分ほどのリハーサル。
 順調である。

CIMG0952231016.jpg

 オーナー夫人から昼食の差し入れ。
 ご自慢のちまきである。
 美味しかった。ご馳走様でした。

CIMG0950231016.jpg

 12時30分開場。
 近所の方々が集まってくれた。
 来場者数は26人か27人。
 30人で満員になるスペースなので、丁度よかった。
 人が入ったことで、音の反響も丁度よくなった。
 
 13時開演。
 マンドリンアンサンブル“サウンド8”
 ~オータム・コンサート~


ラバースコンチェルト
詩人の瞑想
パリの空の下
知床旅情
男はつらいよ
フニクリフニクラ
いい日旅立ち
東京ラプソディー
慕情
上を向いて歩こう
ねこバス


 今回は、アンコールは予定していなかったが、アンコールがかかった。
 「アンコール曲は用意していませんでしたので、リクエストしてください!」
 「パリの空の下!」

CIMG0948231016b.jpg

 演奏終了後、オーナーとそのお友達と歓談。
 こういうときに、ノンアルコールビールの存在はありがたい。

CIMG0963231016.jpg

CIMG0974231016.jpg

 それでは、次の機会に!


東京シンフォニー 第4番東京シンフォニー 第4番
(2005/04/21)
吉田正記念オーケストラ

商品詳細を見る
スポンサーサイト

オータム・ライブに急遽参加

 ぴよさん(1st)、Nさん(2nd)、J女史(ドラ)、う~たんさん(ギター)の4人で、サウンド8として、どこかで演奏をすることは、つぼパーで聞いていた。
 ある日、突然、私も参加しようと思い立った。
 セロ譜が無い曲が数曲あったので、ギター譜と練習音源からセロ譜を2日がかりで作成。
 しかし、練習は平日の日中なので、参加はできない。
 当日の1時間ほどのリハーサルからの参加になる。

日時   10月16日(日) ※開演時刻は知らない
場所   ※よく知らない
演奏曲目
 ・慕情
 ・詩人の瞑想
 ・フニクリフニクラ
 ・パリの空の下
 ・知床旅情
 ・東京ラプソディー
 ・いい日旅立ち
 ・男はつらいよ
 ・上を向いて歩こう
 (増えるかもしれない曲………ねこバス、ラバースコンチェルト、涙そうそう、さんぽ)

 ええと…、舞台衣装はどんな感じかな?

DSC_1053231003.jpg


ザ・ベスト・オブ・ナポリタン・ソングザ・ベスト・オブ・ナポリタン・ソング
(2004/06/23)
ステファノ(シュセッペ・ディ)

商品詳細を見る

 | HOME | 

プロフィール

Holmes

Author:Holmes
SOUND EIGHT の世界
♪♪♪『サウンド8』の『8』は、∞を表します。私たちの楽器から、聴く人の心に∞の響きを伝えたい、という願いから♪♪♪

FC2カウンター

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログランキング

エア新書

あし@

エア新書

リンク

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

Twitter

Twitterブログパーツ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。